HOME > 家づくり豆知識 > 省エネ住宅の基礎知識

省エネ住宅の基礎知識

2017-01-18

0053

省エネ住宅とは、低資源や低エネルギー環境に対応した住宅のことです。

特徴としては高い断熱性や遮音性、自然エネルギーの利用効果などが高いことがあります。

 

断熱性や遮音性の向上は、壁や天井に断熱材や防音設備の設置が行なわれます。

これにより断熱性では、外部の気温の影響を軽減する事や空調機器の効果を最大限に発揮する事により、光熱費を抑えられる利点を得ることが出来るようになります。

 

防音性では、遮音性を高めることにより遮音性、耐久性が高い静かな環境の利点を得る事が出来るようになります。

自然エネルギーの利用としては、太陽光発電の設置などが行なわれています。

 

低エネルギー資源に対応した住宅が考えられるようになった理由は、従来の省エネ対策ではなく建築の段階からなるべく環境に負担をかけない低エネルギーでの住環境を実現することが考えられるようなったことがあります。

 

優れた省エネ性能は優れた利点を得ることが出来る反面、初期費用が結構かかる問題もあります。

このため低コストで実現できる技術の開発や公的機関による補助金支給などの対策が行なわれています。

 

注文住宅 群馬(前橋市 高崎市 渋川市 沼田市 吾妻郡)新築 一戸建ては、夢工房ワリタ リフォーム中之条町 東吾妻町 


失敗しない家づくり

お問合せ

資料請求