HOME > 家づくり豆知識 > 自然塗料の種類とは

自然塗料の種類とは

2016-09-23

自然塗料は製造・塗装・使用・廃棄というサイクルの中で、生態系や人体に悪影響を与えない塗料のことです。
自然塗料にはオイル系の塗料・ワックス系の塗料・油ワニス系の塗料などがあります。
オイル系の塗料には100パーセント植物油を原料にしたものと、柑橘類の皮油やマツ科の樹皮からとれる油を溶剤にしたものがあります。

 

ワックス系の塗料は蝋を主成分として溶剤を加えたものです。
油ワニス系の塗料は樹木からとれる天然樹脂を植物油の溶剤に溶かしたものです。
油ワニス系の塗料には樹脂が含まれているので、ニスのような塗膜を形成するのが特徴です。

 

オイル系の塗料とワックス系の塗料は、内部へ浸透して木材を保護する役割を果たすのが特徴です。
自然塗料は誰でも扱いやすくコストも安いので、趣味と実用を兼ねて自分で塗装する人も少なくありません。
しかしながら塗り方に関しては多少の知識が必要になります。

 

場所や季節によって乾燥に必要な時間が変わりますし、主成分を確認しておかなければアレルギーを起こす可能性もあるのです。
その辺りはプロに相談するのが最も確実あるでしょう。


失敗しない家づくり

お問合せ

資料請求