HOME > 家づくり豆知識 > 住宅の風通しを良くする方法とは

住宅の風通しを良くする方法とは

2016-09-15

夏の暑い時期など、家を締め切っていると熱がこもって非常に生活しにくくなります。
そればかりか、気温が上昇するにつれて熱中症の危険も出てくるのです。
エアコンを使えば問題はありませんが、エアコンの冷風が苦手で逆に体調を崩してしまう人も少なくありません。
そういった場合は、家の風通しを良くして自然の風で涼めるようにしましょう。
設計段階から構想を練っておくと、いざ住み始めてから後悔することが無くなります。

 

住宅の風通しを良くする方法は複数ありますが、最も簡単な方法は窓を2か所以上設置して、風の通り道を考慮する設計にすることです。
2か所の窓は外から流れてくる風が入り、家の中を一直線に通って出て行くように設置することが理想的です。

窓は玄関を開けておくことで代用することも可能ですが、防犯面で注意しなければならないことを忘れないようにしましょう。

 

また、天井が高いのであれば、吹き抜けなどをつくることも有効です。
吹き抜けがあれば風の流れが停滞しないため、熱がこもることも無いのです。
天井にシーリングファンを設置することでその効果はさらに増します。


失敗しない家づくり

お問合せ

資料請求