HOME > 家づくり豆知識 > 自然素材の壁紙の種類とは

自然素材の壁紙の種類とは

2017-11-28


壁紙で意外と難しいのがその素材の選び方です。
ここではそれぞれの素材のメリットとデメリットをご紹介します。

 

まず珪藻土の塗り壁は、ざらざらした仕上がりになります。
カラーバリエーションは豊富ですが、純白にはなりません。

 

メリットとしては吸湿性、放湿性、保温効果、断熱性に優れていて、耐火性能が高いことが挙げられます。
揮発性化学物質を吸収し、分解する働きもあるので、シックハウス症候群への対策にもなります。
デメリットは施工費が高く、時間が掛かるという点です。
粉が落ちるなど、劣化もしやすいです。

 

漆喰の塗り壁は、つるっとした仕上がりになります。
乳白色しかないと思われがちですが、最近ではカラーバリエーションが豊富です。
メリットは防カビ効果、消臭効果の期待が出来ることです。
耐久性、耐火性にも優れています。

 

しかし、調湿機能がほとんどありません。
海藻のような匂いがして、傷も付きやすく、水もはじきません。
価格も高く、工期も長くなります。

 

紙クロスの壁は、和紙を使ったものが人気ですが、最近では色彩やデザインが鮮やかで個性的な、海外の紙クロスも人気があります。
メリットは化学物質が使われていないことが挙げられます。
デメリットは擦り傷などに弱く、価格が高く、施工に手間が掛かります。それらを踏まえ、慎重に話し合いましょう。

注文住宅群馬(前橋市 高崎市 渋川市 吾妻郡)新築一戸建て 夢工房ワリタ 中之条町 リフォーム 東吾妻町

 


失敗しない家づくり

お問合せ

資料請求