HOME > 家づくり豆知識 > 一戸建てのメンテナンス

一戸建てのメンテナンス

2016-08-18

一戸建てのメンテナンスについて説明します。

マンションの場合、建物のメンテナンスは管理組合が行うが一戸建ての場合管理組合はないので、メンテナンスは自分で行うことになります。

 

そのため、建物のメンテナンスの仕方を知っておくことは、自分の大切な家で長く快適に住むために必要な知識です。

屋根の葺き替えと外壁の塗り替えのメンテナンスをしなければ、家の寿命が縮むこともあります。

 

適切な時期に適切な方法でメンテナンスを行うことで、家の寿命は簡単に伸ばすことができるようになるのです。

特に、外壁は環境に晒されている部分であるため、劣化が進んでしまうことが多く、メンテナンスを十分にすることが大切となります。

 

外壁の劣化度チェックのポイントはシーリング切れ、ひび割れ、チョーキング塗装のふくれや剥がれ、カビや藻の発生です。

ひび割れや剥がれは雨漏りの発生に繋がるため、早めの処置が必要になります。

 

雨漏りが進めば家の中の湿度が上がり、健康も害します。

 

さらに、カビや藻の発生で嫌な匂いや内壁の変色を招くこともあります。

そのため、一戸建てのメンテナンスはとても重要です。


失敗しない家づくり

お問合せ

資料請求