HOME > 家づくり豆知識 > 住宅ローン減税について

住宅ローン減税について

2016-07-09

前回、消費税率の引き上げに伴う住宅購入の負担軽減措置制度の1つである、すまい給付金についてお話しました。

 

今回は、もう1つの制度である住宅ローン減税についでです。

実はこれ、8%に消費税が増税される前からもある制度です。

 

住宅ローン減税とは、所得税から毎年の住宅ローン残高の1%を控除してくれる制度です。

所得税は、その年の給料に対して国に払わなければいけない税金のことです。

 

家を買うためにローンを組んで、毎月一定額を払うのは生活が苦しくなるという家計がほとんどですよね。
ただでさえ家計を圧迫されているのに、所得からさらに税金を払わなければいけないなんて酷だ!ということで、所得税を少しでも軽減させようとするものです。

 

そしてこの住宅ローン減税は、8%の増税前は住宅ローン額2000万円までであったのが、増税後4000万円まで引き上げられました。

なお、住宅ローン減税には収入が3000万円以下であるなどの条件がありますので、しっかり確認する必要があります。

 

消費税が増税されたからと言って住宅購入を諦めてしまうのではなく、このような制度を知った上で検討し直してみて下さい。


失敗しない家づくり

お問合せ

資料請求