HOME > 家づくり豆知識 > 注文住宅のデメリット

注文住宅のデメリット

2016-06-05

注文住宅で家を建てようとしている方も多いと思いますが、注文住宅のデメリットを考えてみたことはありますでしょうか。

注文住宅は、法令上の制限はあるものの、建売とは違い自由にプランを立て建築できるという大きなメリットがあります。

 

反対に、注文住宅の主なデメリットは、「図面やサンプルで設計を決めていくので、仕上がりをイメージしにくい。」あるいは「こだわりすぎると、かなり費用が高額になってしまう。」という点にあります。

 

しかし、実物を見て購入する建売には及びませんが、最近はパソコンで立体映像を作成し、イメージのギャップを少なくする方法もあります。
また、コスト面も建築士などと相談を重ねることによって、最小限の変更で希望するプランの住宅を建築することも可能となっています。

 

ただ、やはり「土地を探す手間がかかってしまう。」「すぐに入居できないため、時間のない人には向かない。」という点を解消するのは難しく、ある程度、自身の希望に合致した建売住宅があれば、そちらを購入した方が良い場合もあります。

 

自由なプランニングで建てるためのデメリットは多いので、慌てることなく熟考し、希望に添った住宅を手に入れましょう。


失敗しない家づくり

お問合せ

資料請求