HOME > 家づくり豆知識 > 新しい家に引っ越す前に知っておきたいお部屋の温度管理

新しい家に引っ越す前に知っておきたいお部屋の温度管理

2017-06-12

引っ越しをすると決まるとどこか寂しい反面、心がうきうきするものです。
やはり、今の環境から離れたくないと思う一方で、新しい環境を早く味わいたいという思いが強いのでしょう。

 

では、引っ越しをするときに住環境面でどのような事に注意をしたらいいでしょうか。

 

意外に住んでからわかるのは温度の違いです。
今まで南向きで太陽が部屋の中によく入ってきた住宅に住んでいた場合、引っ越しをした先が南側にすぐ家が建っていてあまり太陽が入らない場合だと部屋の温度が1,2度下がってしまいます。
逆の場合には、夏場は灼熱の暑さの中で過ごさなければならなくなります。

 

基本的に今の日本は夏場の温度は体調を崩すほどに暑いため暑すぎると快適に暮らせないのです。
そこで、夏場は冷房が必ず必要になってきますが、賃貸の場合であれば広さに適した冷暖房は設置されているかを確認しておく方がいいでしょう。

 

それ以外でも、夏は日が入りにくく、冬はよく入る、軒の出が深い設計になっているか、熱気を抜く窓が設置されているかなどの細かい部分もチェックしておくとよいです。

注文住宅群馬 (前橋市 高崎市 渋川市 吾妻郡)新築一戸建て 夢工房ワリタ  中之条町リフォーム 東吾妻町


失敗しない家づくり

お問合せ

資料請求