HOME > 家づくり豆知識 > 合成材のデメリット

合成材のデメリット

2016-03-23

その種類の豊富さと自然素材にはない独自の機能によって、化学合成材を使用することをお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、その際には、合成材が持つデメリットについても十分に理解しなければなりません。
今回は、化学合成材が持つデメリットについてご紹介したいと思います。

一つ目のデメリットは、やはり、健康被害を及ぼす危険性があることです。
特に最近では、シックハウス症候群や、ハウスダスト症候群などは、人体に悪影響を及ぼす住宅素材が原因であるといわれていますよね。
合成材を使用される際には、機能だけでなく、その成分についても確認しておく必要がありそうです。    

もう一つのデメリットは、耐久性に不安があることです。
一般的に、化学合成材は接着剤を使用するので、使用する種類によっては、耐久性に劣ってしまう場合が考えられます 

こういったデメリットを十分に考慮したうえで、ご自身の使用用途に適した素材を検討してみてはいかでしょうか。
みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

注文住宅 新築一戸建て 夢工房ワリタ  中之条町 東吾妻町 リフォーム


失敗しない家づくり

お問合せ

資料請求