HOME > 家づくり豆知識 > 木材のデメリット

木材のデメリット

2016-03-11

最近は、住宅づくりにおいて自然素材にこだわる方が増えているそうです。
木材に囲まれた空間にいると、自然を感じることができて、落ち着きますよね。

 

 

しかし、木材を使用する際には、そのデメリットもしっかりと把握しておく必要があります。

そこで今回は、木材の持つデメリットについてご紹介したいと思います。

 

一つ目は、強い湿気に耐久性があまりなく、腐りやすいことです。
化学合成材と異なり、木材は自然素材ですので、当然こういったデメリットがあります。
特に、風通しの悪い環境や、お風呂場等の湿気の多い場所で木材を使用することは、あまりおすすめできません。

 

もう一つのポイントは、均一性がなく変形しやすいことです。
それぞれの木材によって、木目や節が異なるので、均一性のとれた見た目を実現することができません。
また、長期間使用していると、変形してしまい、破損等の危険性があります。

 

しかし、木材には、多くのメリットがあるため、住宅に取り入れたいとお考えの方も多いことでしょう。
住宅に木材を取り入れる際には、以上のデメリットも十分考慮したうえで、対策を行うことをおすすめします。

注文住宅群馬(渋川市 吉岡町 榛東村 吾妻郡)新築一戸建て 夢工房ワリタ 中之条町 リフォーム東吾妻町


失敗しない家づくり

お問合せ

資料請求